読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【さくらのクラウド】Minecraftサーバをコマンド操作なしで簡単構築

さくらのクラウドには、スタートアップスクリプトという機能があり、サーバ作成時に任意のスクリプトを実行することができます。Minecraftサーバを構築するスクリプトを指定すれば、簡単にコマンド操作なしでマルチユーザで遊べる環境を構築できます。

とはいうものの、さくらのクラウド公式ではMinecraftサーバ構築のスクリプトは提供されていません。今回、自分のメモを兼ねて、構築に必要な手順をスクリプトにまとめたのでそれを公開します。

これをコピペすれば、すぐに遊べる環境が構築できるはずです。

Minecraftサーバ構築スクリプト

#!/bin/bash
# @sacloud-once
# @sacloud-desc Minecraft Serverをセットアップします。
# @sacloud-desc (このスクリプトは、CentOS6.XもしくはScientific Linux6.Xでのみ動作します)
# @sacloud-require-archive distro-centos distro-ver-6.*
# @sacloud-require-archive distro-sl distro-ver-6.*

#---------iptablesの設定---------#
cat <<'EOT' > /etc/sysconfig/iptables
*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:fail2ban-SSH - [0:0]
-A INPUT -p tcp -m multiport --dports 22 -j fail2ban-SSH 
-A INPUT -p TCP -m state --state NEW ! --syn -j DROP
-A INPUT -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT 
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT 
-A INPUT -i lo -j ACCEPT 
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p udp --sport 123 --dport 123 -j ACCEPT
-A INPUT -p udp --sport 53 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 22 -j ACCEPT 
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 25565 -j ACCEPT 
-A fail2ban-SSH -j RETURN
COMMIT
EOT
service iptables restart
#---------iptablesの設定終わり---------#
#---------Javaのインストール---------#
yum install -y java-1.8.0-openjdk
#---------Javaのインストール終わり---------#
#---------Minecraft Serverのインストール---------#
wget -P ~/minecraft https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.8.7/minecraft_server.1.8.7.jar

# 一度起動し、eula.txtファイルを生成させる
java -Xms1024M -Xmx1024M -jar minecraft_server.1.8.7.jar nogui
echo eula=true > ~/minecraft/eula.txt

# upstartの設定ファイルを作成
cat <<'EOT' > /etc/init/minecraft.conf
description "Minecraft server"
chdir /root/minecraft
exec java -Xms1024M -Xmx1024M -jar minecraft_server.1.8.7.jar nogui
start on startup
EOT

# 起動
start minecraft
#---------Minecraft Serverのインストール終わり---------#

注意点

Minecraftサーバを利用するにあたって、ライセンス利用規約に同意する必要があります。
スクリプト上ではこの利用規約に承認する処理が組み込まれているため、利用規約を確認し承認したうえで上記のスクリプトを使用するようにしてください。
https://account.mojang.com/documents/minecraft_eula

スタートアップスクリプトの登録方法

  1. コンパネ右上のユーザ名表示部のプルダウンをクリック
  2. プルダウンメニューの「設定」をクリック
  3. 左サイドのメニューからスクリプトを選択
  4. 画面上部の「+追加」ボタンをクリック
  5. 上記のスクリプトをすべてコピー&ペーストし作成

以上の操作によりスクリプトが追加可能です。
追加したスクリプトサーバ作成画面->ディスク修正->配置するスタートアップスクリプトで選択してください。

最小サーバスペック

CPU: 1コア
メモリ: 2GB
OS: CentOS 6.X, Scientific Linux6.X

Minecraftサーバの起動には最低1GBのメモリが必要となるため、1GBより大きいサイズのメモリが必要となります。

2万円クーポン

キャンペーンをやっているようなので、今なら無料で試せますよ。